職員からのメッセージ

さざんか会を支えるスタッフの声

さざんか会を支えるスタッフの声をお届けします。
各施設の雰囲気やどのような仕事を行っているか、さざんか会についてもっと知って頂ければ幸いです。

お名前
加納歩海
勤務中の施設
さざんかキッズ

スタッフ

「子ども達と一緒にあゆむ」

大学を卒業し4月より「さざんかキッズ」に配属になりました。最初は戸惑うことも多く、子ども達への接し方や声掛け等で悩む事が沢山ありました。そんな時に先輩の先生方に対応の仕方や声掛け等を相談すると、心優しく色々なことを教えて頂きました。
時には不甲斐ない自分に落ち込んでいると、さりげなく励まして頂き、今の自分があるのは先輩方の優しいご指導のお陰です。
そして、子ども達も日々成長しています。4月の頃は難しかったことが、毎日の積み重ねでできることも増えてきました。先日の行事では一生懸命頑張っている姿を見て、私が思わず嬉し泣きをしてしまいそうでした。
そんな子ども達のキラキラした「できた!」に立ち会えて、日々パワーをもらっています。
これからも子ども達の小さな「できた!」に気付けるよう、一緒に成長していければと思います。また子ども達のみならず保護者の方々にも寄り添い、共感できる保育者になれるように努力していきます。


お名前
高野学
勤務中の施設
ゆたか福祉苑

スタッフ

『人の温かさがここにある』

平成25年8月よりゆたか福祉苑で勤務しています。中途採用でしたが、それまで福祉を学んできた訳でもなく、全くもって未経験からのスタートでした。当初は不安な思いもありましたが、ご利用者様や職場のスタッフの温かさに恵まれ、毎日楽しく働かせて頂いています。私の施設では主に日中、ご利用者様の支援をさせて頂いています。ご利用者様一人一人の気持ちを大切にしつつ、それぞれの個性に合った活動を
提供しています。なので強制という言葉はなく、スタッフも心温かい方ばかりです。仕事に対して、スタッフの支援の仕方もそれぞれ信念や個性により様々ですが、私は日々ご利用者様の『笑顔』を引き出していけるように心掛けています。その為にはまずは自分も笑顔でいるように、私自身も活動を思いっきり楽しむくらいの気持ちで臨んでいます。時に芸人みたいなことをする事もありますが、それで笑ってくれるなら。と体を張る事もしばしばです。一日を終え、無事にご利用者様を見送ってからは、とても充実した気持ちになれます。その日の反省点なども振り返り『よし、また明日頑張ろう』と意欲を持ってまた仕事に取り組めます。仕事をする上で、思いやりや心づかいを大切にしていきたいと考える人にはこの仕事は適職だと思います。


お名前
山本莉加
勤務中の施設
のまる

スタッフ

「暮らしに寄り添う現場『のまる』」

私は今年3月に専門学校を卒業し、4月からのまるで支援者として働いています。のまるは知的障害を持っている方たちが24時間生活している入所施設で、利用者の方たちの生活しやすい環境を整えたり、ひとりひとりが望んでいる生活をスタッフみんなで考えながら支援をしています。
私は学生の時にのまるで2週間の保育実習をさせていただきました。その時にスタッフの優しさや温かさを感じたり、利用者の方たちと接していく中でもっとのまるで学び、支援していきたいと思いました。
働き始めてからは利用者の方たちと沢山の時間を一緒に過ごし新しい個性を見つけたり、一人一人の気持ちに寄り添いながら考えている時、私はこの仕事のやりがいを感じます。また、24時間支援していくにあたり勤務体制も異なっているためスタッフ同士で報告・連絡・相談を大切にしながら働いており、チームワークもとても良く、明るく温かい雰囲気となっています。
少しでも興味を持ってくださった方はぜひ見学に来てください。